メインイメージ width=

高まってきたワックス脱毛の人気

ここ数年、ワックス脱毛の人気が高まっています。市販されている商品の種類も増えましたし、ワックス脱毛専門のサロンもありますよね。
ワックスを使った脱毛自体はかなり以前から普及していましたが、近年、ハニーワックスと呼ばれる、砂糖やハチミツなど食品を原料にしたワックスが登場したことで、注目と人気が高まったようです。
現在は、食品でも化粧品でも、できるだけ自然な原料を使った、体に優しい製品が求められる傾向がありますから、ハニーワックスはそうしたニーズに応えるものだったといえるでしょう。

女性の背中ワックス脱毛は、ムダ毛を処理したい部分にワックスを塗り、ある程度冷えて固まったところで、ムダ毛ごとワックスを剥がします。つまり、ムダ毛を抜いて処理する方法ですので、脱毛テープを愛用している人にも親しみやすい方法です。
ワックスは基本的に全身どの部分でも使用することができますが、やはり、部位によって向き、不向きがあります。
まず、脇の下やデリケートゾーンはあまりおすすめできません。もともと毛が太くて抜けづらい上、肌に弾力が乏しく、ムダ毛をいっぺんに抜こうと強く引っ張ると、肌に強い負荷がかかり、炎症や毛膿炎といった、さまざまなトラブルの原因になってしまうためです。
逆に向いているのは、背中など広範囲の産毛を脱毛する場合です。

脱毛テープと違って、ワックスは毛の根元までしっかり包み込むため、産毛のような細く短い毛も比較的きれいに抜くことが可能です。
最近売り上げを伸ばしている光脱毛方式の家庭用脱毛器は、処理してから実際に毛が抜けるまでタイムラグがあったり、白っぽい毛にはライトがなかなか反応しないといった弱みがありますから、この迅速さと柔軟さはワックス脱毛の大きな強みといえるでしょう。

また、別なメリットとしては、ワックスが剥がされるときに、肌表面に残った古い角質を一緒に取り除くため、定期的にワックスを使用すると肌のターンオーバーがうながされ、肌がきれいになるという報告もあるようです。
ただし、一方で角質のピーリングは肌にとってダメージでもありますから、しっかりしたアフターケアをすることも忘れてはいけません。